神道研究史

Aus IKGA
Wechseln zu: Navigation, Suche
Projektdaten

神道研究とナショナリズム

近代的な日本の国家体制の樹立とともに、いわゆる国家神道も成立した。それはしばしば、第二次世界大戦以前の近代日本にとっての国家宗教とみなされている。しかし、神道は公には「宗教」ではなく、国家的な儀礼とみなされた。それによって国家神道には宗教上の自由が認められたが、他方では神道はますます国粋主義的プロパガンダと結びつくことになった。当時の日本や海外の研究者はどのようにこのような「神道」概念の研究に携わっていたのか、あるいは彼らはどのようにそれに反応したのか。第二次世界大戦のあと国家神道は、国内外における神道観にどのような影響を及ぼしたのか。このような問題については特に、「神道研究とナショナリズム」と題する国際シンポジウムが開催され、その成果は2013年に出版された。

出版物

岡正雄と人類学のウィーン学派

岡正雄(1898-1981年)は近代日本の社会人類学の創始者の一人といわれている。さらに日本学の分野では、1000ページ以上のドイツ語による博士論文『古日本の文化層』(1935年)を執筆し、1938年にはウィーン大学日本学研究所を設立したことでも知られている。本プロジェクトは、当時の人類学のウィーン学派がウィルヘルム・シュミット神父の庇護のもと岡の作品に及ぼした影響について研究することを目的としている。

出版物

  • Bernhard Scheid (forthcoming), „Der Ethnologe als Geburtshelfer nationaler Identität: Oka Masao und seine Netzwerke, 1935–1945.“
  • Bernhard Scheid (2016), “Oka Masao und das schwierige Erbe der Wiener Kulturkreislehre.” In: Ralph Lützeler, Wolfram Manzenreiter (ed.), Aso: Vergangenheit, Gegenwart und Zukunft eines Wiener Forschungsprojekts zum ländlichen Japan (Beiträge zur Japanologie 45). Wien: Abteilung für Japanologie des Instituts für Ostasienwissenschaften, Universität Wien 2016, 61–87.
  • Bernhard Scheid (2014), “Das Erbe der Wiener Kulturkreislehre: Oka Masao als Schüler Wilhelm Schmidts.” Minikomi 83, pp. 5-21.
  • Bernhard Scheid (2013), “Bunkaken to bunkasō: Oka Masao to Wilhelm Schmidt no minzokugaku ronsetsu” 文化圏と文化層―岡正雄とウィルヘルム・シュミットの民族学論説 (Cultural circles and cultural layers: Oka Masao and Wilhelm Schmidt’s ethnological theories.) In: Josef Kreiner (ed.), Nihon minzokugaku no senzen to sengo: Oka Masao to Nihon minzokugaku no ashiwake 日本民族学の戦前と戦後―岡正雄と日本民族学の草分け. Tokyo: Tōkyōdō Shuppan, pp. 362−93.

Languages: DE EN JP

Ikga3.png
オーストリア科学アカデミー
アジア文化・思想史研究所
Meine Werkzeuge
Namensräume

Varianten
Aktionen
Navigation
Werkzeuge